学校案内 教育目標 沿革 校歌・校章

教育目標
 1 学校教育目標
 

希望と夢をはぐくむ 美と活力の学校

《城南・4つの言葉》
  希望=希望こそが生きる力の源となる
  愛
 =思いやりの心は、全てに潤いをもたらす
  美
 =美しい環境は、人の心も美しくする
  活力=何事にも全力で取り組むところに成長がある
《城南・3つの寄り添い》
 ◎生徒の願いや思いに寄り添う
 ◎保護者・地域の願いに寄り添う
 ◎教員同士がお互いを思いやる
 2 経営方針
 
(1) 目指す生徒像
未来に希望と夢をもつ、さわやかな生徒   
◎自らの考えを、自らの言葉で表現できる生徒の育成
(2) 目指す学校像
『誰もが行きたい(生徒)、行かせたくなる(保護者・教職員・地域)学校づくり

◎共働・協働の理念のもと、職員自らが自分の家族を通わせたいと思う学校
(3) 目指す教師像
生徒の成長の力を信じて、『寄り添い』を実現する教職
子どもの今の姿をありのままに受けとめることのできる「愛情」をもった教師
子どものために常に研究を惜しまない「愛情」をもった教師
 3 重点・努力点
  
1.

重点
  @希望をはぐくむ
   ア 学習における基礎・基本の確実な定着を目指す。(GritGrowthGlobal  
   イ 生徒に自信をもたせながら、「やり抜く力」の育成を図るとともに、生涯にわたって
     たくましく生きるために必要な健康や体力を育成する。(
Grit
  A愛をはぐくむ
   ア 互いのよさを認め、高め合う生徒の育成を目指す。(Global
   イ 自分たちの仲間、学校、家族、地域を大切にする生徒の育成を目指す。(Growth

2. 努力点
  @学習指導 〜生徒が自信をもって将来に進むための基礎をつくる〜

   ア わかる、できる喜びを味わわせることを通じた基礎学力の向上
   イ 主体的・対話的で深い学びの実現に向けて、ICT等を活用しながら生徒が
     極的に参加でき、楽しいと感じられる事業の工夫


 取組の柱@ 「授業参観週間」を軸に互いの授業のよい点が共有できるシステムをさら
        に充実させ、一人一台タブレットが配備された環境を生かす授業や、生        徒たちに「やればできる」ことを味わわせるための取組を工夫する

 A生徒指導 〜生徒が安心して活動できる素地をつくる〜
   ア 生徒個々の望ましい成長を図る指導の充実
    イ 成長に繋がる厳しくかつ温かな寄り添いの指導
    ウ いじめの防止・早期発見への取組及び、いじめの事実を確認した際の
    適切かつ迅速な対応

    エ 『自己肯定感、自己有用感、自己存在感』を味わえるような指導の工夫
  オ 爽やかな挨拶の励行
   カ 自分たちの環境の美化に心を配れるような指導の充実
   キ 小・中連携の視点をもった規範意識の醸成や道徳性・社会性の涵養

  B教育相談 〜生徒が安心して過ごせる居場所をつくる〜
   ア 生徒の心の状況の速やかかつ的確な把握と、状況に応じた対応及び
     個への寄り添い

   イ 生徒の出欠席や遅刻早退等の状態を含め、生徒一人ひとりについての
     情報共有

   ウ 生徒と教師の豊かなコミュニケーション及び友人同士や地域の方々と
     の触れ合いを大切にする、温かな雰囲気の学校・学年・学級づくりの
     推進。

 取組の柱A 「安心できる居場所づくり」推進の一環として、新たに設置した「学習」       の在り方を研究し、生徒が安心して学べる環境を整える。

  C小・中一貫教育の推進 〜児童が安心して進学できる中学校をつくる〜
   ア 小学校の学習指導の実態を踏まえた基礎学力向上の取組(城南中学区    「みんなでやってみよう」)
   イ 小・中学校教員の積極的な交流
   ウ 小・中学校
PTAが相互に連携した啓発活動の実施     

 城南中学区 みんなでやってみよう
         @学びの環境を整えよう
       A学びの繰り返しを定着させよう
       B一人ひとりの伸びをほめよう

D地域における学校の役割を明確化 〜「地域の子供」としての生徒を育てる〜
 ・コミュニティ・スクール初年度に当たり、学校運営協議会での話し合いを
  通じた「地域の子供としての生徒」を育てる場としての学校の在り方の研究