学校案内 教育目標 沿革 校歌・校章

教育目標
 1 学校教育目標
 
希望と愛をはぐくむ美と活力の学校
  希望=希望こそが生きる力の源となる
  愛
 =思いやりの心は、全てに潤いをもたらす
  美
 =美しい環境は、人の心も美しくする
  活力=何事にも全力で取り組むところに成長がある
目指す生徒像
未来に希望をもつさわやかな生徒
 2 学校経営方針
 
1. 目指す学校像
 共同・協働の理念のもと、職員自らが自分の家庭を通わせたいと思う学校を創る
 *教育の受け手である生徒や保護者の視点から、常に教育活動を見る 
2. 目指す教師像
 「教育は『愛』」を旨に実践する教師・教職員
(1)子どもの人格を全て受け入れることのできる「愛情」をもった教師
(2)子どものために常に研究を惜しまない「愛情」をもった教師
 3 学校経営の重点・努力点
  
1. 重点
1)基礎学力の定着を図る。
   基礎的、基本的事項の定着は、子どもの可能性を広げることにつながる。(希望)
   @わかる授業を展開する。授業は、子どもに希望を与えるものでなければならない。
   A家庭学習の定着を図るために取り組みを全教科で工夫する(*連携)


(2)基本的生活習慣の確立を図る。
  基本的生活習慣の確立は、子どもの生活に安定をもたらすものであると同時に、学校全体に前向きで 
   明るい雰囲気を醸成するという大きな意味をもつものである。

    ・爽やかな挨拶の励行      ・時間の厳守        ・清掃の徹底
      ・その他基本的生活習慣に関わることの徹底                
*これらの適切な評価
2. 努力点
(1)生徒指導
   問題行動等への適切な対処と、積極的な生徒指導を展開する。
@問題行動等

  
積極的な生徒指導と同様、生徒の問題行動をどのように解決していくかは、問題行動を起こした生徒の  成長という側面と、学校全体に正しい価値観を浸透させ、生徒全員が安心感をもって生活できるようにし  授業を成立させるという側面から、非常に大きな意味をもつものである。したがって問題行動に対する対   応は適切に行われなければならない。
      ○十二分な生徒理解     ○事実と背景の正確な把握     ○成長に繋がる指導
      ○きめ細かで継続的な見届けと指導事項についての評価       *保護者との綿密な連携
A積極的な生徒指導
  学校生活の中で、生徒が自らのよさを自覚できること、自分自身を生かせる場や自分の居場所があるこ  と、また規範意識の醸成や道徳性等の涵養は本来の生徒指導の目的とするところである。
  したがって、学級経営や学校行事・学年行事、部活動等をとおして、
  ○自己肯定感 ○自己有用感 ○自己存在感 を味わえるよう工夫するとともに、規範意識の醸成や道  徳性・社会性の涵養を図る。
  *行事や活動においては、常に生徒の何を育てるかを具体的に意識して取り組ませ、必ず評価する。

(2)教育相談
  生徒の起こす極限的な行為には、必ず前兆やサインがあることは、多くの事例が示している。「元気そう   だから大丈夫」ではなく、「かもしれない」という意識で生徒の状況を評価し適切な対応をとる。
  @心と生活のアンケートや心の悩みアンケートの結果等から、生徒の心の状況を的確に把握する。
  A生徒同士、生徒と教師の豊かなコミュニケーションにより、温かな雰囲気の学級作りをする。
  B出欠席や遅刻・早退の状況についての情報交換を徹底する。
  C安否確認を確実に行う。
  D緊急対応マニュアルにより適切に対応する。

(3)小中一貫教育の推進
 
 中学校における課題の解決は、中学校の努力のみにより成し遂げられるものではない。小学校にしても  然りである。小学校との連携を深めることは、課題の解決の大きな条件であるが、小学校と連携して保護  者を啓発し子どもの教育に当たることは、課題の解決に非常に有効である。以下について重点的に小学  校との連携を行う。
  @児童(生徒)理解の充実
   ・「気づきチェックリスト」の活用
   ・小中連絡会の1学期の実施
  A家庭学習の習慣の定着
   ・PTAと連携した啓発活動の実施
   ・「宿題」の出し方の工夫とその評価の工夫
  B基本的生活習慣の定着
   ・PTAと連携した啓発活動の実施
3. 喫緊の課題
(1)防災教育・防災体制の整備・充実
(2)自転車通学における安全教育の充実
(3)インターネット・携帯電話の利用における情報リテラシーの徹底
(4)緊急時の対応の整備とASUKAモデルの生徒への指導徹底